1. HOME
  2. お知らせ
  3. 西村(県警)、2年ぶり日本一 -全日本剣道選手権

お知らせ

西村(県警)、2年ぶり日本一 -全日本剣道選手権

第65回全日本剣道選手権大会が3日、東京・日本武道館で行われ、西村英久五段(県警)が決勝戦へ進出、九州学院高校の先輩で過去3度優勝の内村良一七段(警視庁)に勝って2年ぶり2度目の優勝を果たした。

西村は準々決勝で山本隆裕六段(広島県警)を小手2本で退け、準決勝では畠中宏輔六段(警視庁)に中盤で小手を決めて1本勝ち。決勝では開始早々にいきなり打ち間へ攻め込み、内村の手元がわずかに浮いた一瞬に小手をとらえ、その後は鋭い飛び込み面を中心に攻勢を続け、中盤に再び小手を奪った。          

県勢では真田裕行(鹿屋体大、九州学院高出)がベスト8入り、坂田千明(宮崎県警、熊本西高出)が3回戦まで進んだ。