1. HOME
  2. 大会結果

第 14 回全⽇本都道府県対抗⼥⼦剣道優勝⼤会

会場:⽇本武道館


◎県チーム、準優勝
第14回全⽇本都道府県対抗⼥⼦剣道優勝⼤会が7⽉10⽇に⽇本武道館で開かれ、連覇に挑んだ熊本県チームは決勝で京都に1−2(4引き分け)で敗れ準優勝となった。
本⼤会の2回戦から出場した県チームは群⾺を3−1、和歌⼭を4−2、愛知を4−2、準決勝で⾼知に6−0で圧勝した。決勝では渡邊タイの1本勝ちで前半を優位に進めたが、その後は相⼿チーム京都が巻き返して接戦となり⼤将戦を制した。前年の出場者、海津(ゆ)、緒⽅、海津(智)に岩原、渡邊、⿊⽥、濱本が加わった新チームは追われる⽴場の中、期待通りの活躍をみせ、数年前からの「⼥⼦強化策」(県剣連)が成果を挙げている。【県チームメンバー】先鋒:岩原千佳(⼋代⽩百合⾼校)、次鋒:海津ゆきえ(筑波⼤学)、渡邊タイ(県警)、⿊⽥渚(嘉島中教)、緒⽅有希(菊池⼥⼦⾼教)、海津智⼦(⻄原村職員)、濱本理英(⼤津⾼教)