1. HOME
  2. 大会結果

令和4年度玉竜旗高校剣道大会

会場:照葉積水ハウスアリーナ(福岡市)


◎九学、10度目の優勝

令和4年度玉竜旗高校剣道大会が7月25~29日に福岡市の照葉積水ハウスアリーナで3年ぶりに開かれた。
男子は九州学院が決勝で前回の覇者・福岡第一を大将戦で破り、5年ぶり10度目の優勝を果たした。女子は中村学園女子(福岡)が準決勝で八代白百合を、また決勝で明豊(大分)を下し5連覇を果たした。


九学は5回戦で八女学院(大将戦)、6回戦で大分上野丘(不戦4人)、準々決勝で福岡大大濠(大将戦)、準決勝で日章学園(不戦1人)との接戦を制し、決勝の大将戦では1本ずつ取り合った後に、高島が突きを決めて歴代最多優勝を成し遂げた。決勝戦のオーダーは先鋒・福岡勇馬、次鋒・緒方洸成、中堅・中尾王真、副将・荒木悠、大将・高島壮右馬。(2、3回戦の先鋒・中村成真は1人で全員を倒す)。優秀選手に荒木と高島が選ばれた。


女子は春の選抜優勝の八代白百合が3位に入賞して力のほどを示し、このほかベスト8に尚絅、ベスト16には菊地女子と必由館の県内4校が入った。